買取査定時のチェックポイント

image

車を売りたい場合、たくさんの買取業者から高く買い取ってもらえそうな業者を選んだあとは、
実際に車を見て査定をしてもらいます。
査定のチェックポイントを知っておくことは、買取価格アップにもつながります。
では、買取査定時に業者はどこをチェックしているのでしょうか?

 

まず、車検証をチェックし、グレードや年式、ボディーカラーなどを見ます。
ボディーカラーは一般に人気のカラーというのがあり、シルバー、ブラック系、パールホワイトが
査定に有利なカラーといわれます。

 

走行距離・エンジンもチェックします。エンジンはかかり具合、異音の有無、エンジンルームの状態、
修復歴の有無などをみます。
一般的に車の年間走行距離は普通車約10,000km、軽自動車約8,000kmが平均とされており、
走行距離が年式と平均年間走行距離をかけた数字から下回るか、大きく上回るかによって査定額が変わります。

 

当然、下回っている方が有利です。その他、内装や外装をチェックします。
装備品は査定額に影響しますが、オークションや中古品店で売ることもできるので、
オプションを外した場合の査定額も確認しましょう。

 

シートやフロアマットの汚れ、ボディの汚れなどはキレイにしておくことで好印象になります。
査定前に洗車、車内の清掃・消臭、荷物など必要ないものは置かないようにしましょう。

 

>>車買取相場『高額買取店ランキング』のTOPに戻る