査定や買取時に準備しておくもの

image

車を売却するときには様々な書類が必要となってきます。
まず、査定時に必要なものは「車検証」「自賠責保険証書」です。
多くの方は普段から車に携行しているのではないでしょうか。

 

査定後、買取業者の提示額に納得すれば、契約・売却となります。
その際に必要な書類は「車検証」「自賠責保険証書」「自動車税の納税証明書」
「実印」「印鑑証明」「譲渡証明書」「委任状」です。

 

納税証明書は税金を払ったときの税収印を押した控えのことで、
もし紛失していた場合は各都道府県の税務署で再発行してもらわなければなりません。

 

譲渡証明書は車の譲渡を証明する書類ですが、買取店やディーラーに用意してあるので、
自分で準備する必要はありません。
また、委任状も買取店・ディーラーで用意してもらえます。
車を売却したことを陸運局に報告しなければなりませんが、買取業者が代行する場合は委任状が必要となります。
自分で出向く場合は必要となりません。

 

譲渡証明書と委任状には実印の押印と印鑑証明書の添付が必要です。

 

以上が通常の場合です。
引越しなどで車検証の住所が現住所と違う場合や、名字が変わった場合は
住民票、戸籍抄本などが必要となります。
その車にローンが残っていた場合は所有権解除書類なども必要となります。

 

>>車買取相場『高額買取店ランキング』のTOPに戻る