車の査定から買取までの流れ

image

車の査定から買取までの流れを説明しましょう。

 

車を売りたいと思ったら、まずは買取り業者に査定してもらいます。
高く売るには複数業者で比較する必要があります。
インターネットで一括査定を申し込めば、簡単に複数の業者の大まかな査定額を知ることができます。
ここで何社かに絞れたら、来店査定や出張査定で実際に車の状態を見てもらい、金額を提示してもらいます。
即売りたい場合は複数業者に同じ時間に査定に来てもらい、競合させるのも一つの手です。
何度も対応する手間が省けるうえ、各社が出せる限度額を提示してくるので、価格交渉しなくてすみます。

 

査定額に納得できれば契約となります。
担当者から車検証・本人確認書類など契約に必要な書類の指示があります。
その後、必要書類とともに車の引き渡しとなります。

 

車と書類の引き渡し後、数日で指定口座に入金されます。
もし、売りたい車にローンが残っている場合は、車の名義がクレジット会社や販売店になっているケースが多く、
契約前にまずは所有者名義を変更しなければなりません。
残ったローンを一括返済するか、買取業者のローンの組み換えサービスを利用して名義変更します。
その後、買取り、車の引き渡しとなります。

 

>>車買取相場『高額買取店ランキング』のTOPに戻る