ローンがある車の買取について

image

ローンで車を購入した場合でも所有者が自分になっていればそのまま売却する事が可能ですが、
ほとんどの場合所有者はディーラーなどの車の販売店かローン会社になっていると思います。

 

所有者が自分以外になっていてローンの支払い途中である場合はそのままでは車を売却する事は出来ません。
まずは所有権の解除という手続きをしなくてはなりません。

 

これにはローンを完済する必要がありますが、車の売却額がローンの残債よりも高額だった場合は
その売却金を返済に充てられますので問題はありません。

 

売却額が低い場合は貯金などから返済するか他の金融機関から借金をして返済するなどの方法が必要となります。
また買取業者によってはローンの組み換えをしてくれる所もあるので相談してみるとよいでしょう。

 

こうした手段を取ればローン中の車でも売却は可能になります。
しかしそうした場合は買取価格を安くされたり、金利が高く設定されていたりといったケースもあるので注意する必要があります。

 

>>車買取相場『高額買取店ランキング』のTOPに戻る