車売却時に必要な書類

image

車を売却する際には数種類の書類を用意する必要があります。

 

まず【印鑑証明書】
発行から3ヶ月以内のものが必要になります。

 

【自動車検査証】いわゆる車検証です。
車内の小物入れなどに仕舞っている人がほとんどでしょう。

 

【自賠責保険証】車検取得時に強制的に加入させられる保険の証明書です。
車検証と一緒に保管している場合が多いでしょう。

 

【自動車納税証明書】自動車税を納付した証明書です。
納税を済ませていないと車を売却する事は出来ません。

 

【リサイクル券】自動車リサイクル法で定められているリサイクル料金を支払っている事を証明します。
これも車検証と一緒に保管されている事が多いと思います。

 

そして書類ではありませんが【実印】です。
委任状や譲渡証明書などに押印するため必要で、印鑑証明書に登録してあるものでなければいけません。

 

用意出来ないと車を売却出来ませんので、もしも紛失してしまった場合は、
それぞれ再発行する必要があるので事前に確認しておきましょう。

 

>>車買取相場『高額買取店ランキング』のTOPに戻る