中古車査定で社外パーツはどうすればいいの?

image

中古車の買取り査定を受けようとしている車に社外パーツが取り付けられている場合は、
そのままの状態で査定を受けてみましょう。
保安基準の適合外のパーツや車検に通らないパーツの場合は査定額のアップはまず見込めませんが、
人気のあるブランドのエアロパーツやアルミホイール、
型の比較的新しいカーナビやオーディオなどの電装品はプラス査定が期待出来ます。

 

取り扱い説明書や保証書が保管されていれば更にプラスの可能性大です。
しかし取り付け方が雑で車体を傷めてしまっていたり穴を開けてしまったりしている場合には
マイナスの査定になってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

取り外した純正パーツをしっかり保管して置く事も重要で、査定の際に一緒に見て貰いましょう。
4本のホイールやマフラーなどは車に積んで運ぶのは大変ですし積み下ろしの際に
車内を汚してしまう場合もあるので、そういう時は出張査定をお願いして査定士に来て貰うと大変便利です。

 

>>車買取相場『高額買取店ランキング』のTOPに戻る